第4回宮崎チャレンジ最終日

決勝は 明星大学vs日本経済大学
 序盤はママドゥのインサイドで明星大学がイニシアティブを取るも、日本経済大学が57のアウトサイドをからの1対1で盛り返し48ー48で前半を折り返す

3Q開始後も両チームのアウトサイド陣が活躍を見せるが、ジワジワと明星大学が点差を広げる

日本経済大学の14と30のガードコンビで追撃するも2連覇中の明星大学が貫禄の試合運びをし勝利、新1年生を招集し様々なパターンを試しながらも盤石の試合運びをした明星大学が見事に3連覇を果たした
柴山監督曰く「今回が一番しんどい大会だった。新たなスタイルを目指そうとするチームであり、新入生の力量も見れる機会だった 次回開催時ももちろん勝ちにいきたい。これまで以上にプレッシャーがかかると思うが選手にはそれを乗り越える力をつけて欲しい」とのこと
新たなスタイルを目指す明星大学にとってこれからのトーナメント・新人戦で進化が問われる。
 準優勝した日本経済大学・ベスト4の九州共立大学は
3月3日から行われていた九州学生バスケットボール交歓大会からの連戦で疲労が抜けきれなかったことは否めない

 

 

第4回宮崎フェニックスチャレンジトーナメントの最終結果です

 

 優勝:明星大学(UBC–invitation gameSへの出場権獲得)
 準優勝:日本経済大学

ベスト4:大阪大谷大学・九州共立大学
 優秀チーム賞:宮崎大学

 

MVP
明星大学#30 水谷 慎之介

 

ベスト5
日本経済大学#14 廣瀬 大和
 日本経済大学#30 池上 祥吾
 日本経済大学#57 日野 大喬
 大阪大谷大学#1宮川 智成
 大阪市立大学#51 柵 雄大

ご参加いただきました16チームの皆様本当にお疲れ様でした。
 今回出た、チームのストロングポイント・ウィークポイントを洗い出し
 これから行わる地区大会に活かして頂ければ幸いです。

最後になりましたが、第4回宮崎フェニックスチャレンジトーナメントの趣旨にご賛同頂き
 ご協力頂きました
日南市バスケットボール協会始め関係者の皆様ありがとうございました!!

また来年この舞台でお会い出来ることを楽しみにしています。
 九州チャレンジ 運営スタッフ一同

 

20170309-3.jpg 20170309-1.jpg 20170309-2.jpg

第4回宮崎チャレンジ NEWS一覧へ